学校経営方針

1 生命尊重・人権尊重の精神を基盤とし、生徒一人一人が主体性を発揮し、いじめのない笑顔あふれる学校を目指す。

2 日々の教育活動を通して、生徒一人一人の理解に努め、生徒のよさを見つけ、さらに伸ばす。そして、そのよさを社会のために役立たせることを意識しながら、自らの力で、自分の未来を力強く切り拓いていける生徒を育てる。

3 生徒や保護者をはじめ、地域社会の願いを把握し、社会の要請に応えながら、開かれた学校づくりを目指す。

4 教職員一人一人が自分の強みを生かし、主体性を発揮しながら教育活動の実践に努める。

 

『目指す学校像』

知育・徳育・体育のバランスのとれた教育活動を通して、

生徒たちにとって

 「今日も学校が楽しかった」(満足感)

 「明日も早く学校に行きたい」(期待感)

保護者にとって

 「我が子を北中に通わせてよかった」(安心感)

地域住民にとって

 「北中のために何か協力したい」(学校応援団)

教職員にとって

 「北中に勤務することを誇りに感じる」(充実感)

と、思ってもらえるような学校を目指す。

 

『目指す教師像』

自信と誇りをもって生徒に正面から向き合う

○人間性豊かで信頼される教師

○幅広い視野と確かな指導力をもった教師

○教育的愛情と使命感をもった教師

 

《教職員の行動指針》

○安全・安心への配慮

 生命尊重・人権尊重を最優先する。

○良い習慣の定着

 心のさのし合言葉、立腰、3つの躾(挨拶、返事、靴揃え)、読書などを習慣化させることにより、豊かな人間性を育成する。

○深い学びの実現

 主体的・対話的な学びとなるよう授業を改善する。

○同僚性を意識した学び合う教師集団の形成

 同じ方向を向いて、一緒に考え、行動する。

○働き方改革の推進

 教職員としての本来の業務に専念できるよう無駄を省いて効率化を図る。