○今年度の学校経営について
 ~目指す学校~
   『みんなが学び、みんなで育つ、みんなの居場所』
  ※みんなとは・・・児童生徒、教職員、保護者、地域 を指します。
 
  ・学び → 主体的・対話的な深い学びに向け、わかりやすい授業(学び)の実践
     ※1人1台端末を目的もって、積極的に活用します。
  ・育つ → 互いの関係性(協働)の中での成長、「育てる」から『育つ』へ
     ※学校・家庭・地域での学びの中に仕掛けをしていきます。
  ・居場所 → 安心できる場(学校・教室・係活動・委員会活動・部活動等)
     ※生徒指導の3機能を生かした経営(学級・学年・その他)を行います。

 ☆今年度の具体策☆ ・・・・これまで2年間の取り組みを基に次のステージに
  ⇒義務教育学校としての特色を生かし、他の市立学校との区別化を図ります。
  
 ◇『違いを生かし、先行する』
  【違いを生かす】
   ・9年間の連続した学びを生かした取り組み
   ・地域との協働、地域人材の活用
  【先行する】
   ・学校DX(デジタルトランスフォーメーション)研究指定(田沼小との共同研究)を生かす
   ・特別支援教育の推進(インクルーシブ教育の視点から)
   ・働き方改革の推進