ページの先頭です

ホーム

令和2年4月1日 「あそ野学園義務教育学校」開校しました!!

 

学校ニュース

  

  

  

3月5日(金)。昼休みは、後期課程の生徒と前期課程の児童が遊んでいる場面をたくさん見かけます。遊んでいる子どもたちも、委員会活動をしている子どもたちも、「こんにちは!」と、明るくあいさつをしてくれます。みんなの素敵な笑顔に、写真撮影をしているこちらが、嬉しい気持ちになります!

 

 

3月5日(金)。子どもたちは、「鉄棒」で難しい技の練習をしています。楽しみながら、体力も向上させています。

3月4日(木)昼休み。後期課程生徒による「部活動感謝の会」が各部ごとに行われました。

7・8年生は部活動でお世話になった9年生の先輩方に感謝の気持ちを伝えました。

7・8年生から「(中学)1年生の時に、練習の仕方などを優しく教えていただき、ありがとうございました。」、「先輩方が笑顔でプレイし、活躍する姿が憧れでした。」などの言葉がありました。

9年生からは、7・8年生に向けて「目標に向かって練習に励んでください。これからも応援しています!」との温かなエールがありました。

卒業を迎える9年生の更なる活躍を期待しています。

 

 

3月4日(木)。図書室を訪ねてみると、東日本大震災を振り返る掲示や書籍が紹介されていました。

児童生徒の手作りのパンフレットには、当時の様子が詳しく紹介されていました。

 

 

東日本大震災を風化させることなく、生活に生かしていければと思います。

3月4日(木)。前期課程の1年生から3年生の「朝の学習の時間」に読み聞かせが行われました。

読み手は後期課程の生徒や、高学年の児童が担当してくれました。

読み聞かせが始まると、本の世界に夢中になるほど集中して参加をしていました。

 

「もったないばあさんが考えた『もったいない』を見つけてみたいです。」との感想がありました。

読み聞かせを担当してくれた皆さん、ありがとうございました。

次回も楽しみにしています。

3月4日(木)。2年生は、スーホの白い馬の学習を行いました。

授業では、今までの学習を通して心が動いた場面と、その場面を選んだ理由を紹介し合いました。

 

「白馬に矢が刺さってしまった場面が悲しかったです。」、

「スーホが白馬の体を使って作った馬頭琴の音色が響くといいです。」などの感想がありました。

3月4日(木)。後期課程の「表彰式」を体育館で行いました。9年生にとっては、最後の表彰でした。大きな声で返事をして賞状を受け取る9年生の凛とした姿は、7、8年生の良い見本になっていました。そんな9年生の姿を見て、7、8年生も緊張感をもって式に臨んでいました。

  

  

  

  

  

3月4日(木)昼休み。今日も校舎内外で様々な活動が行われています。校長先生のところにお話に来ている児童。1年生が三角巾をかぶるのを手伝っている6年生。5時間目の授業準備をしている児童。一輪車に乗っている児童。竹馬に乗っている児童。鉄棒の練習をしている児童。委員会活動でウサギ小屋の清掃をしている児童。後期課程の生徒たちは部活動ごとに「感謝の会」を行っています。

3月3日(水)。2年生は、ボールゲーム(ボールけり)の学習でサッカーをしています。

今日の授業では、友達に転がしてもらったボールを「止めること」を練習しました。

最初は上手くできませんでしたが、パスゲームを続ける中で、だんだんできるようになりました。

授業後、「上手くボールを止めることができました!」、「サッカーの授業が待ち遠しいです♪」と感想がありました。

 

今日の授業では、後期課程のサッカー部顧問の高嶋先生が指導に入り、子どもたちにサッカーを教えてもらいました。義務教育学校の良さが生かした授業です。 

 

  

  

3月3日(水)。今日の給食は、栃木県の郷土食である「しもつかれ」が出ました。9年生にとって、給食で食べる最後の「しもつかれ」でした。生徒たちは、とても美味しそうに食べていました。