1.学校経営方針

 教育目標の具現化を目指し、小学校学習指導要領や県・市の指導方針を踏まえ、児童 一人一人に基礎的・基本的な内容の確実な定着と、たくましく生きる力を育成するため に、全職員が一体となって、調和のとれた責任ある教育活動の展開に努める。

(1)豊かな人間性や社会性を育てる教育 〈豊かな心〉
     人間尊重の教育を推進し、児童の道徳性を養い、基本的な生活習慣を育成し、社会生活のルールや基本的なモラルなどの倫理観を高めることにより、生命尊重の心を培い、心豊かで、社会の一員としての正しい判断力をもち、自ら行動できる児童の育成を図る。

(2)主体性と創造性を育てる教育 〈確かな学力)
      基礎的・基本的な内容の確実な定着を図り、児童が自ら考え、判断する場所を教育活動全体を通して意図的に設定し、自ら学び、自ら考え、互いに伝え合い、社会の変化に主体的に対応できる児童の育成を図る。

(3)たくましく生きるための体力と実践力を育てる教育 〈健やかな体〉 
      教育活動全体を通して、心身の健康に関する適切な指導を意図的・計画的に推進し、    自己の確固たる信念に基づいた強い意志と実践力をもち、心身共に健康で行動力に満ちた、たくましい児童の育成を図る。

(4)地域と共に児童を育てる教育
      家庭や地域・関係諸機関との連携を密にし、開かれた学校として、幅広い視野から児童の教育や健全育成を推進する。
 
◇今年度、「The IZURUHARest ~最上級の教育実践~」を合言葉に「最強(S)の心と体つくり」、「最高(S)の学力」、「最新(S)の教育」をめざした教育実践に努めます。 2019 SSSP(3つのSプロジェクト)
◇今年度も、朝と帰りのあいさつのときに、教職員と児童とでハイタッチを交わす「あいさつタッチ運動」に取り組みます。
◇「心のさのし合言葉」の唱和や実践によって、基本的生活習慣の改善に努めます。
 

2.グランドデザイン

「平成31(2019)年度佐野市立出流原小学校グランドデザイン」は、文部科学省の「第2期教育振興基本計画」、栃木県教育委員会の「栃木県教育振興基本計画2020 -教育ビジョンとちぎ-」、佐野市教育委員会の「平成31年度学校教育指導計画」を踏まえながら、本校及び出流原地区の実情に基づいて、今年度の学校運営の全体構想をコンパクトにまとめたものです。下の添付pdfファイルをクリックしてご覧ください。印刷も可能です。
全体構想を生かして、よりよい教育活動を展開できるよう、教職員一丸となって努力して参りますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
なお、このことに関しましてご質問やご意見等がございましたら、お問い合わせをお待ちしております。