ページの先頭です

ホーム

いじめ防止基本方針

いじめ防止基本方針

学校行事

年間行事予定表(令和元年度)

イベントカレンダー

旧ホームページ

以前のホームページは

こちらから

 

 

 

 

 


ログイン

学校ニュース

 久しぶりに太陽の光が降り注ぐ中での部活動ができました。ソフトテニス部はテニスコートに限りがあるので、防球ネットを工夫して広い校庭を使って練習をしていました。

 いよいよ25日(木)から県大会が始まります。県大会に出場する部は対戦相手もほぼ決まり、本番に向けての調整をしているようでした。

 がんばれ北中!

 夏休みに入って4日目になりました。少し日差しが戻り、夏らしくなってきたようです。

夏休み初日の20日(土)には、浅間山の火祭りや米山南町ふれあい祭りなど地域の伝統行事があり、多くの北中生がお祭りの見学やお手伝いなどに参加していました。

また、PTA本部役員や保体部の保護者の皆様には、夏休みの巡回指導として教職員と共に声掛けなどの巡回をしていただきました。ありがとうございました。

 夏休み前の節目を迎え、各学年の代表生徒から、これまでの振り返りと夏休みの抱負を発表していただきました。三毳唐沢縦走のこと、はじめての中学校での部活動のこと、学習のことなどをいろいろな視点で振り返っていました。そして、夏休みは一日一日を大切にした過ごし方をするために、今、何が大切かを考え、楽しく充実した夏休みにしたいと力強く宣言してくれました。

 また、生徒会長から、4月からの生徒会活動の様子を主体性の視点から振り返ってくれました。生徒主体になったいじめのない笑顔あふれる学校文化の創造が着実に実現していることに感謝したいです。

 校長からは、「〇〇しておけばよかった。」という後悔の思いが生じないようにするため、「7つの習慣」の第3の習慣「大事なことから今すぐに。自分との約束を守る」ことと、第7の習慣「自分をみがく。成長し続ける」ことを伝えました。さらに、スマホ、動画、ゲームなどを1日1時間以内に自制できるかが、学力向上につながることもアドバイスしてみました。

 

 

 今日の三毳賞と唐沢賞の表彰は、3年6組の生徒が対象となりました。今回も小さな親切の実践や継続的な係の仕事を果たす責任感など多岐にわたる内容でした。夏休み前の節目の日に表彰されたことが、少しやる気を出すきっかけになったようです。

 夏休み前の最後の給食。41日もの間、給食がないことが少し寂しい感じになります。さらに夏休み期間中の食生活が規則正しく摂取できるか気になるところです。

 今日は、みかも学級の生徒と会食をしました。夏休みをどのように過ごすのか、ゲームのこと、ディズニーランドに行くこと、家族旅行のことなど楽しい話題でもちきりでした。

 今日はとても湿度が高く、校庭ではWBGTも28を越していました。暑いこともあるので授業に集中するには相当意識の高さが必要だったようです。

そのような環境においても、集中して授業に臨む生徒が多く見られ、「学びに向かう集団」として前進していることが伺えました。

 先週実施された佐野市中学校総合体育大会の表彰をはじめ、修学旅行直後に実施された通信陸上競技大会での活躍、水泳部の県春季大会での活躍、そして、よい歯にかかる作文やポスターでの入選などが表彰の対象となりました。

 今回も表彰対象の生徒が総勢208名に及び、市内外での北中生の活躍が数字にも表れています。今後も、自信と誇りをもって主体的に活躍できるよう応援していきたいです。

 

 今日の三毳賞と唐沢賞の表彰は、2年2組が対象でした。

 県大会に出かけた生徒の係活動を自主的にやったり、分からないところを教えてあげたり、学級の生活が向上するように声掛けしたりと生徒の成長を感じる内容が多く見られました。

 今日は2年5組の道徳の授業参観や給食を一緒に会食するなど、多くの時間接することができました。

 給食の時間においても、給食のメニューの豆腐についていた醤油から、担任が投げかけた産地の話題から、目玉焼きの味付けには醤油か、ソースか、塩かなど、何にするか。なぜ、関東では醤油の文化が広まったのか、なぜ、佐野市のソースは発展したのかなど、幅広く話題が広がっていきました。

 2年生の道徳の授業で、『respect others リスペクト アザース』「他の人のことを尊重する」という考え方を通して、アメリカと日本の人権に対する考え方を比較しながらよりよい生き方を考える授業が行われていました。「人権尊重の社会を作っていくのは、僕たちひとりひとりの考え方による」と言った「僕」の思いを、まず生徒一人一人が考え、その後グループで意見交換をしながら自己の考えを広め深めていたようです。

  アメリカの学校の先生やスポーツの指導者は、人間関係のトラブルや、仲間がミスしてしまったときに、「respect others」とアドバイスしているようです。つまり、その時の行動を注意するのではなく、その行動を起こしてしまった根本の考え方を問題にしているのです。私自身も思わず考えさせられました。