ページの先頭です

ホーム

学校行事

イベントカレンダー

旧ホームページ

以前のホームページは

こちらから

 

 

 

 

 


ログイン

学校ニュース

11月13日(水)~15日(金)の2泊3日で、

茨城県にある、とちぎ海浜自然の家に行ってきました。

欠席者もなく、全員で参加することができました。

 

「とちぎ海浜自然の家の前で集合写真」

 

 

「BCモトクロス・ニュースポーツ」  

      

丸太のでこぼこ道や、砂利の坂道など、いつもとは違うオフロードコースを、苦戦しながらも楽しそうに自転車に乗ることができました。

また、パターゴルフは、ほとんどの子が初めての体験だったようで、班で競争しながら、楽しくコースを回っていました。

 

「3校合同交流活動」「3校合同海浜ウォークラリー」

 

天明小・旗川小・吾妻小の3校合同で、交流を行いました。

仲良くなるためのゲームをしたり、コマ図を見ながらウォークラリーをしたりしました。

 

「砂浜活動」「砂の造形」

   

潮くみリレーや砂浜ドッジボール、砂の造形を行いました。

海のない栃木県ではできない活動に、子どもたちは大はしゃぎでした。

 

「塩づくり」「焼き芋」

 

活動班で協力してかまどを準備し、汲んできた海水を煮詰めて塩を作りました。

焼きたての芋もおいしくいただきました。

  

その他、活動班ごとにバイキングメニューの食事を食べたり、

部屋でのフリータイムを楽しんだりと、充実した3日間になりました。

ルールを守って生活することも頑張り、大きく成長したと思います。

この経験を生かし、最高学年である6年生に向けて、さらに頑張ってほしいと思います。

 

 11月19日(火)、この日は第3回避難訓練が行われました。今回は休み時間中に突然、大地震が起き、校舎内で火災が発生したことを想定した訓練でした。子どもたちは緊急地震速報の音を聞くと、すばやく命を守る態勢を取り、先生たちの指示に従いながら素早く避難することができました。

   

 

 校長先生や、消防署の方から命を守る大切さについてお話を頂いた後は、代表児童や数名の先生たちによる消火活動体験と、消防隊員による放水しているところを見させて頂きました。

  

11月5日、8日、11日の3日間、社会科「佐野市の人びとのしごと」の学習で、フードマーケットカスミへ見学に行ってきました。

なぜ青果売り場は店の入り口付近にあるのか、お客さんが買いやすくするための工夫は何があるのか、普段気が付かないことも、聞いてみれば驚く内容ばかりでした。

 

普段立ち入ることができない店の裏側も見せていただきました。

 

スーパーマーケットで働く人々は、私たちが買い物をしやすい工夫をしていることが分かりました。

とても勉強になりました。

11月11日()、12日()の2日間、太平少年自然の家に宿泊学習に行ってきました。明け方まで降っていた雨も上がり、午前中は大中寺で七不思議についての学習をしました。代表の児童が役割演技をしながら、自然の家の先生の話に聞き入って学ぶ姿が見られました。 

   

午後は杉板焼きの活動をしました。活動グループごとに、マッチで火をおこしたかまどで杉板を焼き、その後、たわしや布でピカピカになるまで磨きあげました。顔を真っ黒にしながらも、みんな一生懸命に活動していました。

   

夜の活動では、雨のため、予定していた星空観察は中止となりましたが、佐野かるた大会で大いに盛り上がりました。

   

2日目は、午前中にウォークラリーの活動をしました。2つのコースに分かれて、協力してクイズやゲームなどを楽しみました。途中くじけそうになる友達に励ましの言葉をかけながら、どのグループも無事にゴールすることができました。

  

2日間、子供たちは時間を意識しながら、力を合わせて活動することができました。今後の学校生活での活躍が楽しみです。

 11月6日(水) 秋晴れの中、今日はふるさと天明まちあるきが行われました。子どもたちはこの日をとても楽しみにしていました。

 開会式でルールを確認しました。みんな真剣に聞いていました。また各チェックポイントでは班長を中心にみんな協力し合っていました。

      

 ボランティアの方々やマイチャレンジで来ていた中学生の協力もあって、無事に終えることができました。本当にありがとうございました。

 

 6時間目のもくせいタイムでは、順位発表とふりかえりを行いました。今年の総合1位は28班でしたが、みんな一生懸命頑張れました。

  

 

◎各学年のふりかえりや感想をいくつか紹介したいと思います。◎

“はじめてのまちあるきで、天明鋳物についてよくわかった” 1年生

“昔の歴史を観察したり、あきかんつみをしたりと、天明まちあるきはおもしろいです。”1年生

“惣宗寺のかんさつクイズがたのしかったです。おはかまいりにきている時は、りゅうを見つけることができませんでしたが、今回見つけることができました。”2年生

“天明小のまわりには、大きい広い道もあれば、せまい道もありました。古くから伝わる物やたてものがたくさんありました。いろいろな所も、きれいに使われていた。”3年生

“天明鋳物でお酒を飲む物を作るやり方を家族に教えたいです。またカン積みが5こ立てられ、楽しかったです。いい思い出になりました。来年も楽しみです。”4年生

“上位の順位には入れなかったけれども、いろいろな歴史や田中正造のことについていっぱい知ることができたのでうれしかった。また大祝町公園のパズルをがんばりました。”5年生

“友だちや家族に紹介したい場所は、大祝町にある「若林鋳造所」です。鋳物は6年生になったら作ると聞いているので、とても勉強になりました。”5年生

“今日のふるさと天明まちあるきで、通ったことのない道や行ったことのない場所に行けてよかったです。特に、2つの場所にあった銅像が印象に残りました。6年生最後のまちあるきは、思い出に残り楽しかったです。”6年生

 

 10月15日(火) 三連休が明け、今日から2学期がスタートしました。台風19号の被害のため1時間遅れで始まった今日は、体育館で始業式が行われました。代表児童による2学期の抱負の発表が行われました。

 

 校長先生からは、プロジェクターを用いて台風の被害状況や自分の命は自分で守る大切さについてのお話がありました。子どもたちは真剣に耳を傾けていました。また、「未来は、これから変えることができるんだ。」というドラえもんの作者、藤子・F・不二雄先生の言葉が紹介されました。

  

 今回の被災を乗り越えられるように、天明小の全員が一丸となっていきたいと思います。